「DevLOVE199 越境CON」に参加してきた

先日、DevLOVE199 越境CON というイベントに参加させていただきました。

これまで会社の開発組織を伸ばしていくにあたり、不器用ながら自分なりに考えてきたことをLTで発表してみました。(少しLTから補足しています)


嬉しいことに、MostEkkyoPlayer(MEP) という形で表彰もいただきました。

自分自身、あまりダイナミックな動きが出来ていないなぁ、と思いながら書いていたのですが、「相手のことを理解した上での優しい越境が良かった」という表彰理由もあり、とても意外でした。自分ではややネガティブに捉えていたのですが、こういうスタイルなのかなぁと前向きに捉えることもできそうです。

テーマが 「開発現場における 新たな越境」 ということで、特に目新しいこともしていない自分が何を発表したものか、勢いでLT応募しちゃったけど本当に発表して良いものかと、直前まで考えていましたが、思い切って出て良かったです。これも含めて「越境」だったのでしょうか…?

結局のところ、ビジネスと開発者の間に立つ「翻訳者」としての機能を自分に備えるために、色々やってきたのかなぁと、自分自身の整理にもなり、本当に良い機会でした。この場を作ってくださった皆さまに感謝です…!

不器用ではありますが、まだまだ越えていきたい境はたくさんあるので、これからも少しずつ、変革に貢献できればと思っています。いまは営業会社という側面が強いですが、開発組織も同様に強い会社にしていきたいものです。

ちなみに資料には「社内メルマガ」とか書いていますが、日報でちょくちょく記事出したりしていた以外は、内容に応じて特定の人に送信しているものも多かったりするので、、社内のメンバーでも大半の方は「なにそれ?」ってなるかもしれません。苦笑

学び

今回は越境CONということもあってか、自分がいま課題意識を感じているコミュニケーションや開発体制に寄った話題も多く挙がっていて、参考になる発表ばかりでした。特に個人的に良いな!と思ったワードを幾つかあげます。

  • 「うっ・・・」と思うところが境
  • 「面倒くさい…」と思いがちなところを「越境チャンス!」と捉える上で、大切な前提だなぁと思いました。言葉もキャッチーで、良いなと感じました。

  • 相手を仲間でないと思っていたのは自分の方ではないか?
  • 背景が違いすぎるとコミュニケーションも当然食い違うので、疑いを向けがちだなぁと思っているのですが、ふとした時にこういう振り返りができるのはすごく良いなぁと思いました。

  • オーダーざっくりなのに、正解のマトがめっちゃ小さい問題
  • 頼みごとをするときに疎かになりがちですね。。前職でも「上司の正解を当てに行く」場面が何度もあり、自分の後輩にはその気分を味わわせないようにしたいと思っていますが、できているだろうか。。。敢えてマトを広めにできるチームにしたいなぁと思いながら聞いていました。

  • 人の名前を覚えられない ステートレスで生きているので
  • 記憶が飛んでいたときの「ステートレス」今後も使いたいと思います。笑

    おまけ

    なぜ「78557」がイチオシなのか、それを説明するにはこの余白は狭すぎます。すみません嘘です。書くと長くなるだけです…。

    気になる人は、「シェルピンスキー数」で検索☆(Google先生に丸投げ…)
    簡単にいうと、こんな感じです。

  • シェルピンスキー数のうち最小の数の候補が「78557」
  •  ※下は78556個しかないのに、なぜかまだ最小数「かもしれない」だけという、不思議な数なんです!

  • 「78557」より小さい、「シェルピンスキー数かもしれない数」があと6つあった
  • けど最近(去年の後半)になって、コンピュータ計算で6つの予備軍のうち1つが減った…!